日本代表選手岡崎慎司の個「裏に抜ける動き」

日本代表FWであるサッカー選手岡崎慎司は、ニ〇一三-一四シーズン、所属するドイツ•ブンデスリ 丨ガのマインツでゴール数をニケタに乘せました。海外リーグでのニケタ得点は、高原直泰、香川真司に選手に次ぐ三人目の快挙。日本代表としてもニ〇一四年三月五日に行なわれたニユージーランドとの親善試合でニ得点を記録し、代表での通算得点数を「三七」に伸ばして歴代三位タイに浮上。ニ〇〇八年の代表デビユーから六年での記録ですから、素晴らしいぺースでゴールを記録しているといえます。

しかし、彼は一見して卓越した「個の能力」をもつているわけではありません。本人自身が話しているとおり、テクニックもスピードも世界水準でみれば並か、それ以下。それでもゴールを量産できる理由は、彼の  日本代表 ユニフォーム 激安 らしい「個のカ」と、彼にしかないストロングポイントにあるのではないかと思います。

彼のストロングポイントとしてあげられるのは、相手デイフェンスラインの背後に飛び込む動きの質の高さと回数の多さ。岡崎は「よく走る」だけではありません。”組織にとって 有益な質の高い走り”を、九十分間に誰よりも多くこなすことができるのです。デイフェンスラインの背後を狙う、いわゆる「裏に抜ける動き」が最もゴールにつながりやすいことをよくわかつているのでしよう。

ドイツ•ブンデスリーガのDFは屈強なフイジカルを誇る選手たちばかりですから、ゴールを奪うときにそうした「裏に抜ける働き」はとても効果的です。加えて”日本人らしさ”である献身性や協調性も備えているわけですから、どんなチームでも重宝される選手として、さらなる成長を遂げているといえるのではないでしよ、つか。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*