海外で活躍している日本代表選手一覧

サッカー日本代表の全体実力の増加に連れて、たくさんのサッカー選手が海外でよく注目を集められています。アジアのサッカー強者として、欧州豪門リーグ戦で活躍している日本代表プレイヤーが多くいます。ドルトムントの香川真司を始め、インテルミランの長友佑都やシャルケ04の内田篤人などのプレイヤーがヨーロッパリーグで個人の輝きを表しています。

1、香川真司
香川 真司は1989年3月17日、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手です。現在はサッカー日本代表のキャプテンで、ドルトムントに所属しています。この前、プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC所属したことがあります。2014年8月31日に古巣ボルシア・ドルトムントへの復帰が発表されました。一番いいことは今の香川選手がブンデスリーガのドルトムントクラブにいることが嬉しいみたいです。

5aa625e338b11125059362

2、長友佑都
長友 佑都は、1986年で愛媛県西条市出身のプロサッカー選手です。セリエA・インテルミランに所属しています。ポジションはサイドバック及びミッドフィールダーです。彼はディフェンスに八百屋で、センタバックでもキックバックでも才能を発揮できます。身長制限なので、一般的にはキックバックとして出場します。

5aa6173ea32fc995451235

3、岡崎慎司
岡崎 慎司は、1986年で兵庫県宝塚市出身のプロサッカー選手です。17-18シーズンプレミアリーグ決勝戦で岡崎慎司の重要なゴールでプレミアリーグ・レスター・シティFC所属しています。ポジションはフォワードです。サッカー日本代表の中に9番の岡崎選手は日本国家隊で不可欠な力量です。

5aa625da07d52735036799

4、内田篤人
内田篤人選手はブンデスリーガ・シャルケ04に所属しています。ポジションはサイドバックです。2013年に6番サッカー日本代表ユニフォームを着て、日本を代表して出場しました。2013年6月4日、サッカー日本代表がワールドカップで史上二回の勝ち点1を獲得しました。内田篤人選手はサッカー日本代表選手の中での新生代若い優秀プレイヤーです。

5ac2e6864809f929139191

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*